~トピック~

■なぜスライスは起きるのか?

■正しい右手の動き方

■右手・右腕をうまく使うには?


~内容~

■なぜスライスは起きるのか?

スライスが起きる基本的な原因は、
クラブとボールとのインパクトの瞬間およびフォローにおいて
フェースが開いた状態で接触し続けるためです。

フェースが外を向いた状態で当たり続けることにより、ボールに右回転がかかってしまい、フォローにおいてさらに回転が助長されてスライスボールとなってしまいます。

ここでは玉の出る方向ではなく、あくまでもボールがスライスするという事象に着目しています。


■正しい右手の動き方

ではスライスが起きるときの体の動かし方に着目します。

フェースが開いてインパクトを迎えるということは、
右手の掌がスタンスの構え時よりも上を向いていることを表します。
右肩が下がることにより、右手が若干上を向いてしまうと、
フェースがほんの少し開きボールと接触し、その結果スライスを招いてしまいます。

ですので、正しい右手の動き方としては、手のひらを下に向けてインパクトを迎える必要があります。
つまり、ダウンスイングのすべての動きにおいて、右手が常に左手よりも上にある状態である必要があります。
重要なのはインパクト時だけではなく、フォローにかけても右手が上にある状態が必要です。

逆にこの状態が守られている限り、極端なスライスが起こることはあり得ません。


ゴルフスイング~右手の動き~

■右手・右腕をうまく使うには?

では常に右手が左手の上を向いた状態で打ち続けるためにはどうすればよいか、ご説明します。



シンプルに言うと、トップからダウンスイングにかけて、
右手の掌を左腰に当てるようにダウンスイングしてボールを打つことを意識してスイングしてください。

上記で重要なのは、”回転””腕の動き”となります。

右手を左腰にあてようとすることで、”回転”が生まれます。
”回転”することによりインパクトのみではなく、フォローにかけても同じ状態で打ち続けることが可能となります。

次に、”腕の動き”です。
”腕の動き”は右手の掌を左腰に当てることで、右手が左手よりも上にあることを担保しつつ、
自然とアームローテーションを起こすことができ、右肩の開きおよび右手の開きを抑えることができます。

最初はボールがない状態でこの動きを体に覚えさせてください。
これまでと大きく違う動きの場合、かなり違和感を感じる可能性があります。
ちなみに上記動き方ができた場合、ヘッドにはかなりの遠心力が働きますので、
しっかりとした体幹があれば結果的に飛距離は伸びる思います。

ボールを置いた状態でも、遠くに飛ばす意識ではなくまずは右手を左腰に当てることを
第一に考えボールの飛び方は意識しないでください。
慣れてきた段階でボールのコントロールを行ってください。